五味司法書士事務所
@

■ 業務案内
債券整理
債券整理
お客様のお考えや気持ちを汲み取った手続きをいたします。
任意整理


任意整理は,代理人が,裁判手続きを使うことなく債権者と交渉し,債権額を確定し弁済方法について和解を行う債務整理手続きです。代理人は,任意整理にあたって,利息制限法への引き直し,過払金の回収,和解案の策定等を複数の債権者と交渉します。債務整理において,任意整理を選択するメリットとして,債務名義化しないことや(和解後,支払が遅れても直ぐには差押えできない)債務整理をしながら過払金の回収ができること,交渉次第で損害金のカットや,残元金のカットが可能なところです。また,破産や個人再生と違い,任意整理は特定の債権者を外して,債務整理をすることも可能です。


任意整理の費用
着手金      債権者数×2万円(内税)

成功報酬        同上

過払金回収     回収金額の20%相当額

相談料         無料
事務所経費      債権者数×1000円
振込代行       1社につき1000円
その他         訴訟時は別途,日当・印紙代・交通費等


(当事務所では,減額報酬はありません。また,事件着手時に着手金の一部が用意できない場合でも受任致しますので,お気軽にご相談ください。)


自己破産


破産手続きは,債務者が支払不能・債務超過に陥った場合に債務者の財産を債権者に対して公平に配当する制度です。一定の財産を除いて,換価可能な財産は全て,破産財団を構成することになりますので,(つまり,自己の築いた財産がなくなる)複数ある債務整理の中では,最終手段の債務整理と言えます。
また,個人である債務者は,破産手続き終了後,免責の許可を受けることによって一部の債務を除き,負債の支払い義務から解放されます。多くの方が勘違いしていますが,破産をすれば,支払義務がなくなるのではなく,免責を得ることによって,支払い義務から解放されますので,破産法の定める免責不許可事由がある場合,破産はできても,免責が得られず,結局債務の支払い義務が残る場合もあります。



破産手続きの費用
  
報 酬   10〜25万円(債務額及び法律扶助該当によって変動。)
        
その他   事務所経費1社1000円
 
申立費用 印紙・官報費用・郵券    約13000円

管財人選任時 20〜50万円(千葉地裁の例) 



個人再生


個人再生は,破産手続開始の原因となる事実の生じる恐れがある債務者で,再生債権額が5000万円以下の場合に申立てすることができる債務整理です。再生計画が認可されると,再生債権額を一律約8割カットし,残りの2割を原則3年で返済していくことになります。また,破産を選択した場合は,住宅を手放すことになりますので,住宅を手放したくない場合などは,住宅資金特別条項を定めることにより,住宅を手放さずに債務の弁済をしていくことが可能な債務整理手続きです。(住宅ローンは再生計画が認可されてもカットはされません。)


個人再生の費用


報  酬            25〜35万(債務額により異なります)

住宅資金特別条項           7万

その他     事務所経費1社1000円
申立費用  印紙・官報費用・郵券 約25000円
個人再生委員費用       15〜20万(千葉地裁の例)


特定調停


特定調停は,民事調停法の特例として定められたものであり,支払不能に陥るおそれのある債務者と債権者との間で,裁判所を通して残債務の弁済方法等を改めて,協定するこにより負債を整理する,債務整理手続きとなります。特定調停と任意整理は基本的には,同じような債務整理と言えますが,前者は裁判所内で,後者は裁判外で和解を締結する点で異なる債務整理手続きと言えます。特定調停のメリットとして,まず第一に言えることは,ご自身でできること,つまり費用が殆どかからない点と言えます。申立書は簡易裁判所に備え付けられていますので,裁判所に行けば,書き方等教えてもらえます。
デメリットとしては,債務名義化してしまうこと(つまり,もし支払いに遅れると給与等,差押えられてしまう)や過払金がある場合でも特定調停では,回収できないこと等が上げられます。
なお,当事務所では,原則,債務整理で特定調停を選択される場合は,代理人が関与することなくご自身で債務整理をするものと捉えていますので,書面の作成や裁判所内での債権者との交渉等はご自身でしていただくことになります。


 
トップb 事務所案内b 業務案内b お問い合わせb リンクb ブログb
Copy right 2009(C) ITI .co.,ltd all rights reserved.